■運営団体名

 一般社団法人フリースタイルスポーツ

■設立

 平成28年4月

■代表

柴﨑千臣(しばさき ゆきおみ)

生年月日:昭和56年11月6日
出身:深谷(深谷中学校→栄東高校→日本大学文理学部体育学科卒)
家族:妻、子ども(長女、次女)の4人家族
資格:中学・高校教員免許(保健体育)
職歴:平成17年4月深谷市消防本部入庁
平成28年3月同消防本部退職
平成28年4月特別児童養護施設就職

 

 幼少期からサッカーを続け、小学校中学校では埼玉県選抜、県北選抜までいくもスポーツトレーナーの存在に憧れ、アメリカに渡る夢を持つ。高校は留学制度のある高校を選択しイギリス留学を1年間経験する。大学は体育大学を選択し、体育学やスポーツ理論、解剖生理学等、スポーツ全般を学ぶ。大学在学中ではコナミスポーツクラブに4年間アスレティックトレーナーとしてのアルバイトを経験し、スポーツクラブ業界についての理解を深める。同時に、大学生活ではスキューバダイビングクラブに所属し、4年間海の活動に没頭する。ダイビング活動のレスキュー講習の中で、レスキュー隊の存在に興味を持ち、就職は海上保安官か消防官を考え、消防の仕事がしたいと決断する。平成17年深谷市消防本部に採用され、11年間務める。消防では、消防隊、救助隊、救急隊といった現場活動に従事し、命に係わるさまざまな事を経験し安全管理について学ぶ。ある日を境に、やっぱり人々にスポーツを通して笑顔を届けたいという、かねてから自分が描いていた人生にチャレンジしていきたい気持ちが強くなり、転職を考える。多くの子供たちに、スポーツや遊びを通して、健康にそして健全に育って欲しいと願い、どのような形でスポーツコミュニティの活動をしていけるか、地元や高校、大学時代の友人、先輩、後輩等に働きかけ情報を集める。その中でひとつのモデルとして、総合型地域スポーツクラブに注目し活動、設立を決める。

 

■理事

塚越一成(つかごし かずなり)

生年月日:昭和57年3月31日
出身:深谷
小学3年生から高校生までサッカーに明け暮れる。その後進学から一時サッカーから離れるが23歳の時にフリースタイルフットボールの魅力に衝撃を受け、練習に明け暮れる。
2009年、活動を横浜に移し清野乙彦代表(元バイエルンミュンヘン所属、元フットサル日本代表)のNPO法人FCUスポーツクラブに在籍し、様々な場所でパフォーマンスやコーチングの指導を受ける。その間に多くのトップアスリートなどと交流をもつ。
現在はフリースタイルフットボールだけでなく、フットサルやストリートサッカーといった幅広い分野のスキルを習得し、またコーチングスキルとキャラクターを武器にスポーツの楽しさを伝える事に目覚める。2015年、地元深谷に戻り活動を再開。2016年、本活動を本格化するため総合型地域スポーツクラブ設立に踏み切る。